記憶をゼロにするホ・オポノポノの体験記


by mana-thank-you


  ただいま、‘thank you伝道師’として、


 たくさんの人々に「ありがとう」でつながることを
 目標に活動しております。
 
 ホ・オポノポノのクリーニングは欠かしません。

 ブルーソーラーウォーターを入れたアロマデフューザーで、
 自宅内まるごとクリーニング♪


 目には見えない変化が多いということは、
 実践された方にはご承知のこととは思います。


 クリーニングされているのか、
   確認できるかも知れない方法を思いつきました。 


 それはなにか?




 クリーニングによって、ゼロになった潜在意識の引き出しには、
 ほかのことが入るスペースができているということです。

 タンスの引き出しを想像してみてくださいね。


 クリーニングをし続けることで、
 潜在意識の中の要らないものは、ゼロになる。。。

 つまり空いたスペースに、必要なことが入ることができる!

 単純ですが、そういうことです。




 ‘thank you伝道師’になると自分に言って、

 何ができるんだろう?と模索してた中で、


 メンタルケアマネジメント検定をとることを、ひとつの目標にしました。


 本当は違う資格を取りたいと思っていたところ、

 資料を読んでいるうちに、ピピっときたんです。

 この資格はいずれ、どこでも必要になるだろう。

 これに、最初に目指そうとした資格をプラスすると、
 効果的なメンタルケアができそうな気がします。


   おまけに・・・ メンタルケアマネジメント検定を無事に合格した暁には、
 
 最初に目指そうとした講座を、
   無料で受けることができシステムもあったんです。


 
 勉強しながら・・・

 無料体験コーチングの機会があり、

 マツダミヒロさんおセミナーに札幌で参加でき(無料で!?)、


 おととい、学童保育のような施設で、塾などもかねて、
 遅くまで子供を預かれるようなところがあると、
 今のご時世、共働きもどんどん増えてますし、親も子も安心して過ごせて、
 習い事(塾?)感覚で利用もできて、ニーズがあるのではないか?

 ‘thank you伝道師’として、子供たちに「ありがとう」の大切さを伝え、

 受け入れられる心地よさを感じ取る機会にできるかな・・・とか。


 休みの日には、セミナーや茶話会などを開催して、
 親も学び、知識を広げる機会を増やせたり、時にはわたしも、
 看護師として命の現場の話や、介護の話もできるかも・・・とかね♪

 リアルな話を伝えて生きたいと思ってますから、

 そういう案も出てきたので、検索して調べていたところ、

 再来月に一年に一回だけの、
  「全国学童保育指導員学校」という講習があることをキャッチ!

 申し込み期限も余裕、参加者も興味のある方、保護者もOK!

 門戸が広いんですね。


 潜在意識の不要な部分が、ゼロになり・・・


 必要な情報、あったらいい情報が不意にやってくる。


 この現象を、今、わたしは信用しています。



 ホ・オポノポノでクリーニング。


 次は何がひらめくだろう・・・


 ワクワク楽しみに過ごすことができています。





   


 

 
[PR]
# by mana-thank-you | 2012-04-29 01:12 | クリーニングすること

潜在意識の中の記憶が
ホ・オポノポノの実践で、
クリーニングされてゼロになると、

たくさんの情報を
瞬時に脳で判別する必要がないから、

ありのままに情報が入ってくる。

それが必要か、そうでないか…

どう見極める?


その必要もない。



必要があれば、それが入るまで何度も何度も
あらゆる形をとって出現してくるから間違いない!



本屋さんで時間つぶしをしていたらね。

突然「ネイティブアメリカン」の本が欲しい、読みたい!

…と思ったのです。



元々の前世に、その時代があるように根拠のない確信があります。

でも何も知らない、ネイティブアメリカンのこと。


Youチューブで、ネイティブアメリカンの言葉を聴いたりはしましたが。



そしたらね…目の前に単行本であったんです。

「アメリカンの聖なる言葉」というようなタイトルでした。



欲しいなと思ったその次の瞬間に書棚に並んでた。

それも新刊ではありません。



感動しちゃって、
すぐに購入しました。


余計なことを考えたら、見過ごしていたかも知れませんし、
絶対にわたしに必要なものならば、
どんな手段(?)でも、目の前に現れ続けていたんだろうな。



物事は、進むほうへどんどん流れていく。


わたしはそれをクリーニングしながら、
無意識に気づいて、一緒に流れている。


そのほかに?


今、わたしが知っておくといい知識などの本が、
浮かんできてます。

何冊かは、一緒に購入しました。

コーチングだったり…興味はあるけど「そこまではな~」と
今までは思っていたものが、
どうしても必要だと感じたのです。


おもしろいですよ~。本が?
いえいえ、ホ・オポノポノで記憶をクリーニングすることで、
気づかなかったことがチャカチャカ入力されてきてるみたい。


ふふふ。
[PR]
# by mana-thank-you | 2012-04-19 04:51 | クリーニングすること

必要な場所へ

ホ・オポノポノを実践していると…

あれ?と思ったら、環境がとても変わっていた…
そんなことが起こります。

つい前まではそんなこと思いもしなかったのに、

突然に現象が現実となり、
さらに潜在意識の中で葛藤が起こります。

何を求めているのだろうか?
何がしたいのだろうか?

今、わたしはやりたいことをやっているのだろうか?



今までの思考のクセは、
いつも不安や焦りを伴って、苦しくなります。

決断しても、不安や焦りは消えることがありませんでした。

それはまだ、わたしの中に潜在意識のクセが残っているからだ。


前回、お金への執着を手放すという記事をアップしました。

わたしはまた「お金への執着」にはまっていたのですね。

先の生活はどうしよう?
この先やっていけるんだろうか?
お金がない…。


今日、職場を退職するという決断を決行しました。

猶予をいただいても、
わたしの気持ちは、そこにはなかった。。。

なのに先への不安が「待った」をかけて、
月日だけがダラダラと流れ、

何にも集中できずにいました。

何をしたらいいのだろう?

毎日こればかり。


そして…不思議なことに…引き寄せたのでしょう。

この決断がわたしの求めることであることを証明してくれるように…、

手当てなどの入金のお知らせが入りました。

多額ではありませんが、

働いていない今の現状では、
とても嬉しいことです。

今、わたしに必要なのはこのお金なんですね。

何億とか、そういうお金じゃなく、

今、わたしに必要なんだな・・・と思っています。


もし、今日決断しなくても、
入金のお知らせは着てたと思います。

そのとき、わたしは感謝できただろうか?

ラッキーで終わりだったかなって思うんです。



すごくありがたいです。



感謝のきもちがあふれてきました。


必要なときに必要な場所へ、
必要なときに必要なお金が…


ちゃんと来るんだ。

信じて、ホ・オポノポノを続けていこう。
[PR]
# by mana-thank-you | 2012-04-12 18:24 | ホ・オポノポノ効果

祈り


わたしにはもちろん・・・人の気持ちを操ることはできません。

人の気持ちをどんなに推し量ろうとしても、
すべてを知りえる手段がありません。

人の悲しさ、寂しさ、辛さ、痛さ・・・
ことにマイナス面と言われる「辛いこと」に関しては・・・難しさを感じます。

看護師としても、そのような場面に直面しては、いつも考えました。

何ができるんだろうかと。。。



祈り・・・「あの人の痛みが和らぎますように」

祈りは、わたしの手を、相手の痛い部分に添えることを教えてくれました。

祈りは、相手の話を聞くことを教えてくれました。


そして行き場のない迷いは…ちゃんと相手の声が聞こえてない自分を教えてくれました。


ホ・オポノポノもある意味では祈りです。

潜在意識の記憶をクリーニングして、
本来の本質に戻ることで、問題を解決する。

クリーニングこそ、祈りそのものじゃないかと感じています。


誰かの問題を代わりに解決することは100%できません。
わたしの問題を代わりに誰かに解決してもらうこともまた同じですね。


できることは、
その人が、自分が楽になることを祈ることです。

必ず楽になっているその日が来ることをイメージしながら。。。


生きていると、あらゆる感情を感じます。


喜びや嬉しさだけならなんと幸せなことでしょうか。


・・・ですが、それだけしかなかったら、相手の痛みを感じることも、
今、喜びに満たされていることを幸せに思うことも、
喜びをもたらせてくれた何かに感謝することも
知ることはできません。


必要なことだから、存在しているのでしょう。


大切な人々の悲しみをすべて、この手で癒せたら・・・と願います。


遠くで、近くで・・・祈り、ホ・オポノポノを実践しつづけます。
[PR]
# by mana-thank-you | 2012-04-07 21:09 | I love you

お金への執着



 お金のことを

 気にしないで生きている人は、
 ほんの一握りの人たちか、もしくは皆無だと思います。

 個人的意見ですよ~。

 どんな場面でも、

 お金って必要です。


 お金の話をすると、
 ついつい自分のことをあさましく思ってしまうところもあるのですが・・・

 思い切って、
 「ホ・オポノポノ」とお金への執着について触れてみます。


 わたしは、母子家庭です。
 生活のすべてはわたしの肩に重たくのしかかり・・・

 それでも楽しく子供と暮らしてきたつもりです。

 何不自由させず、多少の我慢はありますけど。
 
 それもわたしが元気で、若くて(今も?!)、
  ・・・怖いもの知らずだったときのこと。


 不整脈と、精神的疲れが祟って、今は休職していますし。
 3年ほど前から、心臓が苦しくてまったく眠れない日々を経験し、
 「死」を覚悟したほどでした。

 死んだら・・・住宅ローンとか、娘たちに迷惑かけちゃうな、どうするんだろ?
 まだまだお母さんが必要な時期にわたしがいなくなったら、やってけるだろうか?

 生活はちゃんとできるんだろうか?
 学校に行けるんだろうか?

 不安は次々に浮かんできました。

 生命保険や学資保険には加入しているけれど・・・、
 またそれだけの問題でもなく、

 亡き後は、誰が手続きするの?・・・とかね(苦笑

 体調が悪くなって、仕事も休みがち。
 もちろん給料激減・・・時には健康保険の差額を請求されることも?!

 (世の中、厳しいよね・・・)

 休めない、体は辛い、焦りに不安・・・悪循環で、イライラ八つ当たり。


 お金のことって、深刻です。
 人に頼るのも、頼りにくいです。
 みんな裕福なわけじゃない。


 ホ・オポノポノを実践して、お金の本質に触れることができました。

 どういうことか?

 お金は必要なところに必ず流れるということです。
 必要がさほどないときに流れてきたお金は
 「あぶく銭」と言って、実のないものになって消えてしまう。

 でも本当に必要なお金は、
 なんらかの形で流れ、どうにか生きていけるようになってると。


 そう思えるようになってから、
 もしもわたしの心臓が・・・と思ったとき、
 その後のお金の心配が小さくなりました。

 身内には迷惑かけますけどね。
 生命保険やその他で住宅ローンはなんとか返済できそうです。
 それから、学資保険、年金保険をかろうじて細々とかけているので、
 子供が20歳になるまでは、
 なんらかのお金が出てくれる。

 子供が自由にのびのび未来を見て欲しい・・・最高の夢です。

 
 今は休職中で、障害手当て金が支給されるのを待っているところです。

 かれこれ1ヶ月以上経ちましたが、何の連絡もなし。

 その間に健康保険の不足分などの支払いもしました。
 
 娘の高校合格に伴い、準備で万単位でお金が飛んでます。



 このままだとどうしよ~・・・。

 内心、穏やかではいられなくて・・・イライラしだしてた。

 こんなときは
 「ホ・オポノポノ」の4つの言葉・・・

 ごめんなさい

 ゆるしてください

 ありがとう

 愛しています



 夕方、郵便物が届きました。

 職場からの郵便は、なんだろう?

 中には期末手当明細書を送りますの用紙と明細書が入ってた。

 ずっと1月中旬からお休みしてるので、
 期末手当のことは、思考から消去してました。


 臨時収入です。

 これから高校入学準備に必要なものや、生活費モロモロ

 そろそろきついなぁ~と思っていた矢先だったのです。


 ホ・オポノポノは、
 潜在意識の中の「お金」に対する記憶をクリーニングしてくれてました。

 
 必要になったときに・・・助けてくれる。


 わたしは何度も・・・このような体験を感じています。


 その都度、不安になってしまうのは、
 わたしの心配性の抜けきれないところですね。


 お金が要る!
 お金は夢を与える最高のものだ!

 お金は自慢できる宝物だ!
 お金がないとひもじい。
 自分で稼いだモンは全部自分のものだ!


 お金に対する思いって、
 ひとそれぞれにありますよね。

 その執着を、

 ホ・オポノポノでクリーニングして、

 行くべき場所に、
 行くべきタイミングで

 お金が流れ始める。


 これが全世界で流れ出したら~って思うと、
 
 今は小さな1家庭の体験ですが、

 「平和」な感覚がフツフツとわいてくるのです。



 


 
[PR]
# by mana-thank-you | 2012-03-29 21:18 | I love you