記憶をゼロにするホ・オポノポノの体験記


by mana-thank-you

お金に対する記憶をゼロにする


わたしは一人で娘を育ててます。

おまけに住宅を新築して半年で一人になったので、


住宅ローンは私一人の肩にかかってる。


嫌な職場でも我慢しなくちゃいけない。

転職するなら、それなりのお給料がでなくちゃやってけない。



そんなお金に対するしがらみに縛られてきました。



だけどね。

人間相手の仕事なので、妥協ができない。
相手が不快な想いをしてる中に放置できない。

変えなきゃいけない…。

そうすれば人間関係は悪くなる…。



一体どうしたらいいの???



資格を生かした仕事なのですが、

本当に企業によって考え方がまったく違う。

スタッフが楽を第一に考えてしまったら、人間は終わってしまう。


これはわたしの意見でした。


働かなければならない。


子供を路頭に迷わすことはできない。


母子家庭だかたと悲しい想いはさせない。


これはわたしの意地と決意でもある。




と~ってもとっても重たいお荷物です。

一人でやりくりして、誰にも相談できない。

やるしかないって自分でわかってる。



自分を騙し、意志を押し殺して…


それも限界がきた。


人間、気力だけでは生きられないのです。





ホ・オポノポノを実践して、お金に対する記憶をゼロにしました。

先行きの不安、自分が倒れたときの心配、

自分を押し殺してまで働く姿想像するだけで苦しい



お金というものが出現してから今までの間に、

お金に対する人間の想いというものは…

決してキレイなものじゃないように思えました。



お金があれば幸せになれる。


お金があれば有名になれる。


得をするにはどうしたらいいか?

損をしないためにはどうするか?





私腹を肥やすなんて言葉があるくらい…


お金は使い方を間違えると、人間を、世界を不幸にします。




そして、わたしも不幸でした。


先行きの不安に縛られ、今を楽しく生きれない。


衝動買いをして一時的に満足しても


それはすぐに枯渇するもの。




心から満足できることがなかった…不安がいつもあるから。




ホ・オポノポノで、

  わたしはお金に対する長年蓄積された記憶を消去しました。


不安がなくなるわけではないけれど…



必要なときに必要なものが与えられる。




必要ではないときは与えられない…それだけだ。



体調を壊し、休職を余儀なくされ、
     収入は傷害保険のみに頼るだけ。


住宅ローン、その他の生活費は必須項目だ。


でも、なんとかなるんだって今は、信じてる。


信じられる。




本当にどうしようもなくなったときには


なるようになるしかないのだから。




それよりもケチになって、お金を握りしめるのはやめよう。

お金は流れるもの…気持ちよく流れに任せてあげよう。




そう思えるようになりました。



それから不思議と、お金が入ったり、

住宅ローンの借り換えができて月1万安くなったり、


それは決して「贅沢」をするためのものじゃない。


だけど、今、わたしはお金に対して不安を抱いていない。


信じている。



必要なときに流れるものだと。。。




苦しいときもあるでしょう。


それは必要な苦しみで、自分で考えてごらん…

   そう言われてるのかも知れないです。



できるだけのことをしよう。


あとは流れに身を任せて、未来を信じる!



ホ・オポノポノを実践し、
     得られたホ・オポノポノ効果は、



どうしてもお金に対する不安を手放せなかったわたしを

お金から解放してくれました。



今はとても楽です。



節約生活も…ガマンも必要ですが、


苦痛にまで感じていませんから。。。














いm
[PR]
by mana-thank-you | 2012-02-25 23:16 | ホ・オポノポノ効果