記憶をゼロにするホ・オポノポノの体験記


by mana-thank-you

道先案内



新しいことをするとき


何かを変えようとするとき…

変えたいとき



わたしは迷う


「これで間違ってないかな」

「もっと苦しい道を選んでるんじゃないか?」

「次はあるんだろうか?」


気持ちがストップをさせて



変えたい気持ちを萎ませるよね


次…将来への不安…

なら安全圏で、今をガマンすればいい

とりあえず安全?!




そう考える




ホ・オポノポノを続けてみたら



不安は消えないけれど

「それでいいんだ」と思える



たとえ進む先に大変なことがあろうとも

間違いじゃないことを教えてくれる




いつまでも苦しいココにいる必要はない


自分を犠牲にすることは

合わない、違うと分かっているのに同じ場所に居続けること



体がどんどん不協和音を出しても

気力だけでなんとか乗り越えようとすること


そうなんだ…



ホ・オポノポノを実践してから



どれだけ「気力」だけで立っていたのかに愕然



不安な気持ちを抑えて

気力で笑顔を作り


周りに気を配る




気力だけでやってるから


付き合う身体は疲労婚倍だね




ホ・オポノポノを実践していても


「本当に大丈夫?」


心はそう言ってくることがある



エゴの言葉だと分かる




おまえはダメだ!
だからここにいろ!!!



わたしを縛りつけようとする



不安を煽って

どんどん身動きができなくなってくる




「大丈夫!」



「やってごらん」



そうしたら

留まろうにも留まれないところまできちゃうんだ



それは


人間関係の悪化という形で


失敗という形で


病気という形で


道先を間違っていることを知らせるよ



ホ・オポノポノでクリーニングし続けると

はっきりしてくる



あ、わたしはこんなことをしたいんじゃない


こんな風に暗く、人を恨んだりしたくない





いつも「ありがとう」の人でいたかったんだってね




ありがとうと言う回数が絶対的に増えてます




クリーニングして


心に聞いてみましょう



この道でいいのかどうかを…




必要な道を必ず教えてくれる











                
[PR]
by mana-thank-you | 2012-03-03 00:14 | ホ・オポノポノ効果