記憶をゼロにするホ・オポノポノの体験記


by mana-thank-you

ラッキーになる


ホ・オポノポノでクリーニングを続けると



ラッキーになれます。

潜在意識の中の記憶が

いつも私を不安にさせる。


「間に合わないんじゃないか」
「事故に遭うんじゃないか」
「失敗するんじゃないか」



マイナス思考ですよねぇ!


いつもいつも・・・急かされてました。

誰に?

自分にです。


「そんなに慌てなくていいのよ」

「急いでないからね」


そう言われても


  やらねばならぬ! 



追いつめて追いつめてました。



ホ・オポノポノと出会って


変わったのは



「なんとかなる」
「なるようになる」


心がそう教えてくれること。



たかだか1分の違いだとしても、

車がスルーっと右折できちゃったり、



「ココ、いつも交通量多くてさ」

ところが、
全然車が来てないときなんですね。




「え~!!!!????」


ですよ、ホント。


今まで有り得ない!って思ってきたこと

        ↑
これも潜在意識の記憶だったのです。


クリーニングしたことで、

当然のように、

今までに有り得ないことがどんどん起きる。



間に合わないんじゃないか?

そんなとき焦りますよね。


「遅い!」
  なんて怒られる自分を想像したりしません?



「その時はそのときでいいじゃん。」


もう「なんとかなるさ」の領域です。

・・・で、なんとかなってるんです。



道中で

車道に出たい車がいたらどうしますか?



後続車がいた場合は別ですが、


そうでなければ先に通す。


その人もわたしもラッキーでしょ。


いい気分になれちゃうんですから。




ホ・オポノポノをする前は

道を譲ることはあっても

気分がいいのは、
     その時限りでした。


忘れちゃうんです。



ホ・オポノポノをしてからは

あったか~い気持ちが残ってます。

それが蓄積されてることも

感じますね。




これはラッキーでしょ。



憎しみやイライラに支配されていた頃

そうは思えなかった。

「こんなにしてあげてるのに!!!」


なんて思うことの方が多かった。




そうそう!

道を譲った人が、ハザードランプで

「ありがとう」サインをくれる。


あれ、嬉しいですよね。

わたしも譲ってもらったときは同じようにします。




言葉では言えないけど・・・



「ありがとう」



これもクリーニングの言葉の一つですね。




世知辛い世の中と言いますが、


小さな小さな幸せは・・・


積もって大きくなります。



人間って素晴らしい!

思えることもラッキーに違いない!




ホ:オポノポノ効果、ココにあり!
[PR]
by mana-thank-you | 2012-03-06 20:45 | ホ・オポノポノ効果