記憶をゼロにするホ・オポノポノの体験記


by mana-thank-you

潜在意識の記憶がゼロになると…


潜在意識の中の記憶が
ホ・オポノポノの実践で、
クリーニングされてゼロになると、

たくさんの情報を
瞬時に脳で判別する必要がないから、

ありのままに情報が入ってくる。

それが必要か、そうでないか…

どう見極める?


その必要もない。



必要があれば、それが入るまで何度も何度も
あらゆる形をとって出現してくるから間違いない!



本屋さんで時間つぶしをしていたらね。

突然「ネイティブアメリカン」の本が欲しい、読みたい!

…と思ったのです。



元々の前世に、その時代があるように根拠のない確信があります。

でも何も知らない、ネイティブアメリカンのこと。


Youチューブで、ネイティブアメリカンの言葉を聴いたりはしましたが。



そしたらね…目の前に単行本であったんです。

「アメリカンの聖なる言葉」というようなタイトルでした。



欲しいなと思ったその次の瞬間に書棚に並んでた。

それも新刊ではありません。



感動しちゃって、
すぐに購入しました。


余計なことを考えたら、見過ごしていたかも知れませんし、
絶対にわたしに必要なものならば、
どんな手段(?)でも、目の前に現れ続けていたんだろうな。



物事は、進むほうへどんどん流れていく。


わたしはそれをクリーニングしながら、
無意識に気づいて、一緒に流れている。


そのほかに?


今、わたしが知っておくといい知識などの本が、
浮かんできてます。

何冊かは、一緒に購入しました。

コーチングだったり…興味はあるけど「そこまではな~」と
今までは思っていたものが、
どうしても必要だと感じたのです。


おもしろいですよ~。本が?
いえいえ、ホ・オポノポノで記憶をクリーニングすることで、
気づかなかったことがチャカチャカ入力されてきてるみたい。


ふふふ。
[PR]
by mana-thank-you | 2012-04-19 04:51 | クリーニングすること