記憶をゼロにするホ・オポノポノの体験記


by mana-thank-you

カテゴリ:I love you( 6 )

祈り


わたしにはもちろん・・・人の気持ちを操ることはできません。

人の気持ちをどんなに推し量ろうとしても、
すべてを知りえる手段がありません。

人の悲しさ、寂しさ、辛さ、痛さ・・・
ことにマイナス面と言われる「辛いこと」に関しては・・・難しさを感じます。

看護師としても、そのような場面に直面しては、いつも考えました。

何ができるんだろうかと。。。



祈り・・・「あの人の痛みが和らぎますように」

祈りは、わたしの手を、相手の痛い部分に添えることを教えてくれました。

祈りは、相手の話を聞くことを教えてくれました。


そして行き場のない迷いは…ちゃんと相手の声が聞こえてない自分を教えてくれました。


ホ・オポノポノもある意味では祈りです。

潜在意識の記憶をクリーニングして、
本来の本質に戻ることで、問題を解決する。

クリーニングこそ、祈りそのものじゃないかと感じています。


誰かの問題を代わりに解決することは100%できません。
わたしの問題を代わりに誰かに解決してもらうこともまた同じですね。


できることは、
その人が、自分が楽になることを祈ることです。

必ず楽になっているその日が来ることをイメージしながら。。。


生きていると、あらゆる感情を感じます。


喜びや嬉しさだけならなんと幸せなことでしょうか。


・・・ですが、それだけしかなかったら、相手の痛みを感じることも、
今、喜びに満たされていることを幸せに思うことも、
喜びをもたらせてくれた何かに感謝することも
知ることはできません。


必要なことだから、存在しているのでしょう。


大切な人々の悲しみをすべて、この手で癒せたら・・・と願います。


遠くで、近くで・・・祈り、ホ・オポノポノを実践しつづけます。
[PR]
by mana-thank-you | 2012-04-07 21:09 | I love you

お金への執着



 お金のことを

 気にしないで生きている人は、
 ほんの一握りの人たちか、もしくは皆無だと思います。

 個人的意見ですよ~。

 どんな場面でも、

 お金って必要です。


 お金の話をすると、
 ついつい自分のことをあさましく思ってしまうところもあるのですが・・・

 思い切って、
 「ホ・オポノポノ」とお金への執着について触れてみます。


 わたしは、母子家庭です。
 生活のすべてはわたしの肩に重たくのしかかり・・・

 それでも楽しく子供と暮らしてきたつもりです。

 何不自由させず、多少の我慢はありますけど。
 
 それもわたしが元気で、若くて(今も?!)、
  ・・・怖いもの知らずだったときのこと。


 不整脈と、精神的疲れが祟って、今は休職していますし。
 3年ほど前から、心臓が苦しくてまったく眠れない日々を経験し、
 「死」を覚悟したほどでした。

 死んだら・・・住宅ローンとか、娘たちに迷惑かけちゃうな、どうするんだろ?
 まだまだお母さんが必要な時期にわたしがいなくなったら、やってけるだろうか?

 生活はちゃんとできるんだろうか?
 学校に行けるんだろうか?

 不安は次々に浮かんできました。

 生命保険や学資保険には加入しているけれど・・・、
 またそれだけの問題でもなく、

 亡き後は、誰が手続きするの?・・・とかね(苦笑

 体調が悪くなって、仕事も休みがち。
 もちろん給料激減・・・時には健康保険の差額を請求されることも?!

 (世の中、厳しいよね・・・)

 休めない、体は辛い、焦りに不安・・・悪循環で、イライラ八つ当たり。


 お金のことって、深刻です。
 人に頼るのも、頼りにくいです。
 みんな裕福なわけじゃない。


 ホ・オポノポノを実践して、お金の本質に触れることができました。

 どういうことか?

 お金は必要なところに必ず流れるということです。
 必要がさほどないときに流れてきたお金は
 「あぶく銭」と言って、実のないものになって消えてしまう。

 でも本当に必要なお金は、
 なんらかの形で流れ、どうにか生きていけるようになってると。


 そう思えるようになってから、
 もしもわたしの心臓が・・・と思ったとき、
 その後のお金の心配が小さくなりました。

 身内には迷惑かけますけどね。
 生命保険やその他で住宅ローンはなんとか返済できそうです。
 それから、学資保険、年金保険をかろうじて細々とかけているので、
 子供が20歳になるまでは、
 なんらかのお金が出てくれる。

 子供が自由にのびのび未来を見て欲しい・・・最高の夢です。

 
 今は休職中で、障害手当て金が支給されるのを待っているところです。

 かれこれ1ヶ月以上経ちましたが、何の連絡もなし。

 その間に健康保険の不足分などの支払いもしました。
 
 娘の高校合格に伴い、準備で万単位でお金が飛んでます。



 このままだとどうしよ~・・・。

 内心、穏やかではいられなくて・・・イライラしだしてた。

 こんなときは
 「ホ・オポノポノ」の4つの言葉・・・

 ごめんなさい

 ゆるしてください

 ありがとう

 愛しています



 夕方、郵便物が届きました。

 職場からの郵便は、なんだろう?

 中には期末手当明細書を送りますの用紙と明細書が入ってた。

 ずっと1月中旬からお休みしてるので、
 期末手当のことは、思考から消去してました。


 臨時収入です。

 これから高校入学準備に必要なものや、生活費モロモロ

 そろそろきついなぁ~と思っていた矢先だったのです。


 ホ・オポノポノは、
 潜在意識の中の「お金」に対する記憶をクリーニングしてくれてました。

 
 必要になったときに・・・助けてくれる。


 わたしは何度も・・・このような体験を感じています。


 その都度、不安になってしまうのは、
 わたしの心配性の抜けきれないところですね。


 お金が要る!
 お金は夢を与える最高のものだ!

 お金は自慢できる宝物だ!
 お金がないとひもじい。
 自分で稼いだモンは全部自分のものだ!


 お金に対する思いって、
 ひとそれぞれにありますよね。

 その執着を、

 ホ・オポノポノでクリーニングして、

 行くべき場所に、
 行くべきタイミングで

 お金が流れ始める。


 これが全世界で流れ出したら~って思うと、
 
 今は小さな1家庭の体験ですが、

 「平和」な感覚がフツフツとわいてくるのです。



 


 
[PR]
by mana-thank-you | 2012-03-29 21:18 | I love you

愛してる


 愛してる・・・なんて日本人はなかなか言えません。

Facebookなんかでは「I love you」が自然に使われるのね。



今日、同期で年配でずっと苦手意識もっていた方から
電話をいただいた。


仕事を退職しないほうがいい、
体制も変わるし、先生ももっと気持ち楽にしてたらいい。
待ってる人もいることを伝えたくて・・・



何かにつけてチマチマと私に対しては言ってくるひとだったので
苦手でした。


同じ新人だから分からないことも、
私には許されないみたいな・・・?!



このブログでも、ホ・オポノポノでクリーニングしたことをアップしました。


その方が、私が体調を崩し始めたあたりから人相も柔らかくなったのです。

わたしも自然にお話かけることができて・・・。



まさか、電話までくださるとは思いませんでした。




実は、わたしはひとつの決断を昨晩しました。


それは最愛の人と離れることです。


ホ・オポノポノを実践していると、

必要なときに必要な人が現れます。

必要なときに必要な援助(金銭的、精神的、人道的に)が与えられます。


まるでどこかで見られてたかのように、
絶妙なタイミングで起こりますね。



そして、それぞれがレベルアップしたとき、

あるいは本来の自分が求めていることがはっきりしてきたとき、



必要でなくなったものは、自然に離れていくもの。


ポイするのではないですよ。




自然に・・・心穏やかに・・・流れを感じます。




そんなときに

たくさんの方々の優しい言葉、気持ちがどれだけ救いになることでしょう。



これもまた、「ホ・オポノポノ」のクリーニングによる変化だと思う。



絶対に電話くれるような関係ではなかった彼女が、

身を案じて、戻って来い、もう一度考えてねっていってくれたのです。




こんなときに・・・


わたしの心を温めてくれました。





本当にありがとう。





ホ・オポノポノは、日常の小さなことからびっくりすることまで


いかに潜在意識に囚われて生きているかを教えてくれてます。





すべては



ありがとう




ですね。。。
[PR]
by mana-thank-you | 2012-03-19 01:32 | I love you

執着を手放して



ホ・オポノポノを実践していると、


物事に対する考え方…


つまり「執着」も変わってきます。




私はとてもモノに執着する気質(コワイぞ!)




もしこれを失ったらどうしよう。


損したらやだなぁ。



損得勘定で考えてしまう思いグセがありました。




わたしの物はみんなの物。

みんなが幸せになるならどうぞどうぞ~♪


そんな気持ちには早々なれませんでした。






ホ・オポノポノ実践してから…



物は物であって、それが「幸せ」の証ではないと思ってることに

           ・・・気づいたよ。





好きな洋服、便利な家電、新機種…



魅力的なものはた~くさんある。






それを持ってることがわたしにとってどんな幸せなのだろう?



自慢?
優越感?



なんだろう?と思えるようになりました。





物に対する思い…。




そして何よりもね。




今のわたしに必要のなくなったものはなくなる。



「物」をあえて「もの」と平仮名にしたのには理由があるの。




それは人も当てはまるからです。




大好きで、
信頼できて、
一緒にやっていきたい



と思ってるのに…



思ってたはずなのに…






ズレてくるんです。




時間の使い方や考え方、伝え方…




あれれれ~?






そうでない人もいます。



あの人と一緒だとやりずらいなぁ。。。と思っていた矢先に

その人が病気で欠勤だったとか、
自分が異動しちゃったとか…。



ホ・オポノポノは、ある意味、決断を迫ってくるのかもね。



それも自然にそ~っと。




自分を信じていたら、受け入れられるときがくる。






ズルズル腐れ縁の中にも大事な学びがあります。


そして互いに卒業する時期もあるのですね。





どんな関係も、

どんなものも、



私たちにクリーニングする機会を与えてくれている。





すばらしい世界ですよ~。





ありがとう。。。
[PR]
by mana-thank-you | 2012-02-23 21:04 | I love you

流れの変化



ホ・オポノポノをして、

   記憶をクリーニング。



それからゼロの心の状態で、

    自分を見つめるんだ。





オイ!わたし。

何がしたいんだい?





オイ!わたし。

どうしてそんなに苦しいんだい?





だってね。

自分が望んでいないことをしてるんだから。


苦しいはずだよ。




根本がズレてなければいい。




潜在意識をクリーニングすると、


ふとしたときに、

自分の望みが垣間見える。



それが見えた時は


どうしたらいいかわからなくて困ってしまう。


もっと辛くなる時もあるね。




次には、



望みを受け入れて、


どうしたらできるの?って


聴いてみることなんだよ。



ホ・オポノポノを実践しながら




何をしたらいいか、


向こうからやってきて、



気づいたら、

望んでる方向に進んでたりしてね。


ビックリするよ。





なにも期待しないで


なにも責めないで


ただホ・オポノポノ実践。。。






わたしは人に大切に思うことを伝えることがしたい。



そしたら、以前に作った有料商材が突然広告依頼の嵐になってます。




まだ結果はわかりませんが…



これも冒険。




今までできなかったけれどね。




今はワクワクしてます。






自分が見えてきたら、


今度は「どうしたらいい?」




聴いてみよう。
[PR]
by mana-thank-you | 2012-02-21 23:54 | I love you
 

 わたしが「ホ・オポノポノ」に出会ったのは、いつのことだろうか。

思いだしてみると3,4年前に遡る。





当時(今も?!)

今のままのわたしじゃダメなんだ!
誰に理解されることもなく、自分を表現するところもなく孤独のままだ!
わたしのどこが悪いんだろう?
あの人はもっとヒドイ(ことをしているのに)。
良くないことばかりが次々に起こる。
人を憎むことが辛いのに、心の奥で憎んでることを知っている。





まぁ、挙げればキリがない。





まとめるとですね

「好きになりたいのに、どうしても自分が嫌い」


ということです(キッパリ)


当時はそのことすらも認めたくなくて、あ~だのこ~だの

言い訳を考えていました。



だって、わたしは人を憎むような心の狭い人間じゃないのに…(涙



ヒーリング、セミナー、本…わたしのできる範囲でのことはできるだけやりました。

ヒーリングはなんだか少し怖いような気がしましたね。
信じてないわけではないけど…、胡散臭いところもあるようで。。。




札幌のヒーリングサロンをPCで知り、まずは遠隔リーディングをしてもらいました。


ウソでも傷が浅いと思ったのです。



料金を振り込み、約束の日になっても郵送で送られるリーディング結果が届きません。



「あぁ、やはり騙されたのか」と半分諦め、半分は怒りを感じていました。


メールで確認してみると、

リーディングはできたのだが、
それが本当のわたしへのものなのか確認しているとのこと。




何がじゃ?


思うでしょ?



どうすることもできないので、待ちました。


そのメールのやり取りの中で


「ホ・オポノポノ」の本を薦められたのが、ホ・オポノポノとの出会いです❤



☟コチラの本のタイトルが書いてありました。




最初は読む気ありませんでした。


リーディング結果がきっとわたしに真実を教えてくれると思ってましたから。


届いたリーディングの結果は…

打ちのめされました。




自分が変革と変容の時期に来ていることや、自分の意志で選び、人生を自分のペースで進むことを
今生のテーマにしてきていることが記載されていました。





なんとなくわかるのですが、ではどうしたらいいのか?

そこが知りたかったのです。




ヒントは自分の中にあることを教えくれていました。



自分が自分のペースで人生を生きれていないと感じている。
何かに焦り、このままじゃいけないと思っている。
できない理由を周囲や時期のせいにしている。

プロセス通りに進まないと自分はダメだと諦めていること。

助けを周りに求められない。




…どれもこれも、まさしく気づき始めた「わたし」の姿でした。





こうしなさい、あぁしたらいい…そんな簡単にできることを望んでいたのですが、

そんな方法はないのですね。




手紙を読みながら号泣したことを覚えています。

そんなご縁がありまして、札幌まで行き、セラピストさんと直接お会いしてきました。


この人は信用できる…




心がそう言ってる。






一番最初に寄った本屋さんで、まさしく☝この本をすぐに見つけることができました。
とても読みやすいなと思いました。

興味がありましたら、コチラの本をおすすめいたします。




「ホ・オポノポノ」って一体なんだ?…状態ですが、疑いもせずに購入しました。

More
[PR]
by mana-thank-you | 2012-02-11 18:23 | I love you